>

メリットが多い方法を見極める

早めに準備を済ませよう

最も一般的なのは、銀行から融資を受ける方法です。
その際は登記簿謄本、印鑑証明書、納税証明書、さらに2期から3期分の決算書や確定申告書、資金繰り表、事業計画書、試算表、すでに他の銀行から融資を受けている場合は借入一覧表を用意しなければいけません。
提出する書類の量が多いので、慣れていない人は書類を集めたり、作成したりするだけでも大変だと思います。

準備に時間が掛かるので、常に自分の手元に資金がどのくらい残っているのか把握することがポイントです。
また資金繰り表を見ながら、このぐらいになったら融資を申し込もうと事前に計画を立てることをおすすめします。
すると資金調達が遅れることはなく、スムーズに会社を経営できます。

審査が緩いことが特徴

通常の融資は、審査が厳しいです。
たくさんの負債を抱えている人や、これまでに返済が滞ったことがある人、さらにスモールビジネスを行っている人は審査を通過できないかもしれません。
審査を通過できる自信がない人は、ビジネスローンを選んでみてください。
ビジネスローンは銀行だけでなく、消費者金融やクレジットカード会社も提供しています。

審査が簡単な上に結果が出るまで早いので、銀行の融資では間に合わないという時にビジネスローンを使っても良いでしょう。
しかしビジネスローンは、借りられる最大金額が通常の融資に比べて低く設定されています。
あまり大きな金額を借りる必要がない時なら、ビジネスローンでも十分対応できるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る