>

ファクタリングの方法を学ぼう

どんな方法なのか

まずファクタリングには、2種類の方法があることを知っておきましょう。
1つ目は、自分とファクタリング業者だけで取引を行う、2社間ファクタリングという方法です。
この方法だと取引先にファクタリングをすると伝える必要はないので、信頼を失うリスクを低下させられます。
よりすばやく売掛債権を現金化できる面がメリットになります。

もう1つの方法は、3社間ファクタリングです。
この方法は自分とファクタリング業者に、取引先を追加して現金化を進めます。
3社間ではファクタリングすることを取引先に伝えなければいけないので、悪印象を与えないよう言葉に注意しながら説明することがポイントです。
時間が掛かりますが、手数料が安く済みます。

良い業者を見極める

かなり手数料が低い業者だと、2パーセント程度が設定されています。
逆に高いと20パーセントぐらいになるので、手数料に注意しながらファクタリング業者を選んでください。
手数料が高いと売掛債権を現金化できても手元に残る金額が少なくもったいないので、できれば手数料が数パーセントに設定されている業者を目安に探しましょう。
複数の業者を探して、手数料を比較するのが賢い方法です。

また最近は業者のもとへ行かず、インターネット上だけで手続きを済ませる方法が登場しています。
それをクラウドファクタリングと呼んでおり、直接出向いた時に比べて手数料が安く済む面がメリットです。
いつでも手続きができる面も魅力なので、こちらを使っても良いでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る