>

精神的な負担が少なくなる

誰でも実行できる

クラウドファンディングは、誰でも利用できる方法です。
もちろんスモールビジネスをしている人でも良いので、資金が足りなくなってきたら行うのも1つの方法です。
クラウドファンディングの特徴は、融資ではなく出資されることです。
そのため資金を受け取っても、返済する必要はありません。
しかし出資してくれた人に、お礼を伝えることを忘れないようにしましょう。

返礼品を渡す時に感謝のメッセージも伝えることで、こちらの印象が良くなります。
印象を良くしておけば今後もクラウドファンディングをした時に、出資してくれるかもしれません。
継続して、会社を応援してくれる出資者を増やしましょう。
クラウドファンディングを成功させるためには、わかりやすく事業内容を伝えることが大切です。

自分が対象になっている

調べてみると、事業を行っている人に向けた補助金や助成金の制度がたくさんあることに気づきます。
どんな内容でも事業を行っている人全員を対象にした制度もあれば、年齢や性別に条件が付けられている制度もあるので、詳しく調べてください。
また、スモールビジネスを対象にした制度も存在しています。
補助金や助成金を使えば、足りない資金を補えるでしょう。

もらえる資金なので返済する必要はありませんが、デメリットは資金を受け取れるまで時間が掛かる面です。
1年近く待たされることが多いので、資金がなくなってからでは間に合いません。
早い段階で補助金や助成金について調べて、自分が条件に該当する制度があったら、その時点で申し込むようにしてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る