>

NLPを考える

お勧めできない動機

NLPを取ることで、就職活動が極めて有利になる。
NLPを取ることで、起業ができる。
そんな風に考えている人はいませんか?
そういう人たちには、この資格を取ることをお勧めすることはできません。
理由は簡単です。
そんなことはないからです。
NLPは心理学の知識を学ぶことができますが、その力が起業の成功を約束してくれるものでもなければ、就職の際にも、いまいち魅力が伝わりにくいものでもあります。
自分の考えの根幹とし、活躍の場を広げたり、人間としてそもそも豊かになることは可能でしょう。
その結果、ビジネスでうまくいったり、起業の際に優秀な人材を集められたりもありえますね。
どのタイミングでの習得を目指しているのかはわかりませんが、結果を焦って取る資格ではないと思います。

なぜ取るのかというまとめ

少しうるさいくらい繰り返した部分もありましたが、NLPについてはざっとこんな感じです。
どんな資格を取る際にも言えることですが、勉強を始める前に一つ必ず考えなければいけないことがあります。

なぜ、この資格が欲しいのか。

当然、それぞれの目的はあるでしょうが、資格を取ること自体に目はいってませんか?
資格を取って無駄なことはありません。
多くの知識を獲得できるわけですからね。
ですが、限りある費用や時間を投資してまでやりたいことですか?
誰かに見栄を張るために、そこにアイデンティティを求めるために、資格を欲してはいませんか?

そういうあなたには、資格ではなく、心理学の勉強自体が良いのでは?
それを学んでいるうちに、いつしかNLPが本当に必要になる時が来るかもしれませんよ。


この記事をシェアする