>

考えておきたい経費

NLPを受けるためにかかるもの

資格が欲しい、そう考えた場合、二つの選択肢のうち片方を選ぶことを要求されるわけです。
書籍などを買って独学か、セミナーなどに通うのか。
NLPでも同じことが言えますね。
ただ、独学だと費用がかからない代わりに、なかなか結果に結びつきにくいというのは、これまで何かしらの勉強を始めたことがある人なら、よくわかってくれるのではないでしょうか。
すると、講座を受けてみようかな、と考え始めるわけですね。

ただ、講座にはそれなりのお金がかかります。
値段は団体によって、かなりの変動がありますが、数十万単位のお金が動くことになり、それに伴って時間も必要ですね。
最初からそんなに出すのには、勇気がいる。
そんな場合には、体験コースがあります。
それは二千円から数万円の間でやっているみたいですね。
一度、体験からというのが良いのでは?

どうやって団体を選ぶべき?

資格認定団体、つまりセミナーを受ける団体によって、かかる費用や時間すらにも大幅に違いが出ます。
それはどんな講師がいるかで変化したり、カリキュラムがどこまでやってくれているのかで変わります。
家の近く、というだけで決めるのはよして、きちんと複数団体のパンフレットを取り寄せ、その上でどこに通うのが結果的に一番良いのか、よく考えましょう。
講座の受け方にも順番があり、気になる方は一度教室に訪れてみるのが、一番確実だと思いますよ。

どこまで本気で資格を求めているのか。
資格ではなく、心理学の勉強自体に意欲がある方は、独学でも良い気がします。
資格そのものがどうしても欲しい、という場合はどうしても講座に通う必要があるかもしれません。
値段や時間を計算してみて、ようやくどちらかに決心がつく場合もあるので、一度パンフレットの取り寄せを!


この記事をシェアする